• このページは古い情報です。最新はOSASK/sarinst?へ。

β版の使い方

  • いるもの
    • LCC-Win32?
    • bin2obj改 (パックに同梱しています。based on bin2obj by K)
    • (好みで)upx?
    • チャレンジ精神
  • 使い方
    • z_newディレクトリをコピーして増やし、プロジェクト名をつけておきます。
    • そのディレクトリを開き、自己解凍書庫化するsarファイルをおきます。
    • Makefileとsarinst.hの設定に、各設定をかきます。CGIみたいな感覚でいじってください。
      • 詳しくいじりたい人はsarinst.rcやsarinst.cもいじってかまいません。
    • 好みでアイコンを変更してください。
    • Windows9x系の方は「!cons_9x.bat」を、WindowsNT/2000/XPの方は「!cons_nt.bat」を開き、makeを実行します。
    • 好みでupx圧縮をかけます。
  • そのた
    • ライセンスはKL-01です。好きなようにいじってください。
    • アイコンはZakkyさんのものを使わせていただきました。

tek5圧縮について

  • 200KB前後(もしくはそれ以下)のsarファイルの場合、sar+tek5+UPXの場合だとUPX時に圧縮されず、sar+UPXの時よりもサイズが大きくなりやすいです。
  • 500KB前後(もしくはそれ以上)のsarファイルであれば、sar+UPXの時よりもsar+tek5+UPXの方がコンパクトなパッケージを作成することが出来るかも知れません。
  • これは圧縮率や、tek5を使用する際のtek5解凍ルーチンの大きさを含めたサイズ計算など、はっきりとした見分け方はありませんので、両方試したりしてみてください。
    • 面倒な場合はsar+UPXでも問題ないと思います。

ダウンロード

日付説明ダウンロード備考
2005/04/24・ディレクトリ関係の不具合を修正。filesarinst050424.sar(236KB @ sar+tk5)
filesarinst050424.exe(250KB @ sar+tek5+sarinst)
sarとexeでは14KB差
2005/04/02・Readme作成。&br・UPX(UPX license)をバンドル。filesarinst20050402.exe(250KB @ sar+tek5+sarinst)zakkyさんのアイコンについてReadmeに書き忘れ
2005/04/01・osa_dir風なディレクトリ配置により、プロジェクト管理が簡単に出来るようにした。
・GNU make(GPL license)をバンドル。
filesarinstsdk-050401.exe(126KB @ sar+tek5+sarinst)エイプリルフールではないですょ
2005/02/28・sarinst.c, sarinst.rcの設定部分をsarinst.hにまとめ、設定が楽に出来るように
・bin2objをMakefileに追加。また、bin2objの使用法を下記のとおりに変更(_k_binを固定)
 prompt>bin2obj <sarfile>.sar <sarfile>.obj
filesarinstsdk-050228.sar(18.3KB @ sar+tk5)
filesarinstsdk-050228.exe(24.5KB @ sar+sarinst+upx)
6.2KB差なら自己解凍にしてもいいかな?!

添付ファイル: filesarinst20050402.exe 339件 [詳細] filesarinstsdk-050401.exe 317件 [詳細] filesarinstsdk-050228.exe 303件 [詳細] filesarinst050424.sar 543件 [詳細] filesarinst050424.exe 345件 [詳細] filesarinstsdk-050228.sar 541件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-12 (日) 04:20:39