• このページは古い情報です。最新はOSASK/sarinst?へ。

お試し版

  • 始める前に
    • sarinstを使用してPCがこわれるなど、いかなることが起こっても、あっきぃは一切補償しません。
  • いるもの
    • LCC-Win32?
    • bin2obj (パックに同梱しています。bin2obj by K)
    • (好みで)upx?
    • チャレンジ精神
  • 使い方
    • bin2objを使用して、sarファイルを次のようにしてobjファイルにします。
      prompt>bin2obj sarfile.sar sarfile.obj _k_bin
    • Makefileの設定に、各設定をかきます(#で区切られた部分だけで大丈夫です)。
    • tek5で圧縮されたsarを使っている場合は、sarinst.cで指定された部分のコメントを解除してください。
    • ウィンドウのメッセージを変更するには、sarinst.rcを編集します。
    • 好みでアイコンを変更してください。
    • makeを実行します。
    • upx圧縮をかけます。
  • カスタマイズ
    • sarinst.cを適当にいじってください。
  • コツ・そのた
    • sarファイルのサイズの規模によっては、tek5圧縮しない方が小さいものができたりします。
    • ライセンスはKL-01です。好きなようにいじってください。
    • アイコンはZakkyさんのものを使わせていただきました。
      日付説明ダウンロード
      2005/01/03カスタマイズが簡単になるように改良(sarinst.c, Makefile)。完成した自己解凍書庫名がobjファイルの名前になるように変更。filesarinstsdk-050103.sar
      2004/12/20bin2obj0のソースを同梱。ファイル構成を改良。filesarinstsdk-041220.sar
      2004/12/18デフォルトボタン(解凍ボタン)を設定。リソースファイルの見直し・修正。BCC-Formの著作権表示を削除。filesarinstsdk-041218.sar
      2004/12/15初公開filesarinst-sdk.sar

仕様

  • sar、もしくはsar+tek5形式を自力で解凍することが出来ます。tek5以外のtekシリーズはつかえません。
  • ウィンドウのメッセージやデフォルトディレクトリを変更するには、C言語の知識と開発言語(lcc動作確認済み)が必要になります。
  • sarファイルをobj形式に変換し、sarinst.exeにリンクする形になっています。

添付ファイル: filesarinstsdk-041218.sar 578件 [詳細] filesarinstsdk-050103.sar 592件 [詳細] filesarinstsdk-041220.sar 527件 [詳細] filesarinst-sdk.sar 562件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-12 (日) 04:20:39